イベント

2019年11月3日
第55回稲岡祭をレポートしました。

令和、初めての稲岡祭。
2019年で55回目です。

2019年11月3日(日)午前10時~午後4時。歯学部と短期大学部の合同の学園祭である、稲岡祭が開催されました。今年で55回目となる、稲岡祭。その始まりは、1964年に学生主導の「神奈川歯科大学学生会会則」によって始まった行事です。2年目の1965年からは大学所在の地名にちなんで、現在の稲岡祭という名に。歴史を重ねながら、地域と密接に関わり合いながら、時代に合わせて、学生、教職員、そして市民の皆さんが一丸となって盛り上がる、現在のスタイルが確立されてきました。

今年のテーマは、令和元年にふさわしく「零話~新たなストーリー~」。実行委員長の歯学部3年簑島麗奈さんと副実行委員長の短期大学部看護学科2年辛嶋真緒さんは「新しいストーリーというテーマなので、これまで以上にみんなの交流が生まれるような試みを意識しました」と語ってくれました。

総合司会を務めるお笑い芸人、湘南パイプキャッツのお二人の軽快な進行のもと始まった開会式。歯学部の菅谷彰副学長は挨拶で「55年も継続できたのは皆さんの努力のおかげです。半世紀を超える稲岡祭の歴史を今後も盛り上げていきましょう」と。短期大学部長谷徹学長は「テーマである零話は“こぼればなし”とも読みます。今日は人生のこぼればなしになるような、いい寄り道になる一日にしましょう」と挨拶されました。

  • 「歯学部と短期大学部の交流の場でもあるんです」
    と語る辛嶋さん(写真左)と簑島さん(写真右)。
  • 歯学部 菅谷彰 副学長
  • 短期大学部 長谷徹 学長
無料歯科相談、看護医療体験で
地域とのふれあいも。

市民の皆さんの歯の健康と看護の知識の啓蒙を目的とした「無料歯科相談」と「看護医療体験」。医療大学ならではの催しものです。今年もたくさんの人が訪れていました。

「無料歯科相談」に参加した歯科衛生学科の学生は「初めて子どもの歯科検診をして、その難しさを実感できた。普段の実習ではできない体験でした」と。歯科衛生学科の片岡先生と角田先生は、この取り組みの意義を「学生にとっては、実際の患者さんとふれあうきっかけになる。市民の人にとっては、歯科に通うきっかけになる。教育だけではなく、地域貢献の場にもなればと思います」と語ってくれました。

「看護医療体験」として設けられたのは、バイタルサイン測定、プチナース体験、高齢者体験、手指衛生チェック、妊婦体験、沐浴体験。多様な体験を、看護学科の学生たちのホスピタリティあふれるサポートのもと、誰でも行えます。三島先生は、看護医療体験について、「正しい知識と、思いやりの気持ちを、学生も、来てくださった方も、一緒に学べる場です。地域の皆さんともふれあえる稲岡祭の大切な取り組みのひとつです」と、その意義を語ってくれました。


学生にとっても、地域の方々にとっても貴重な場となっていた、歯科相談と看護体験。
市民と学生が交流しながら、
楽しさをつくり上げていました。

もちろん、いわゆる学園祭の風物詩のような出店も賑やかに並びます。クラブ活動や学科ごとのブースが並ぶ中、台湾の留学生たちによる「揚げパン」のお店も。歯学部3年生、来日3年目の蔡昀臻さんは、神奈川歯科大学の魅力について「学生も先生も、留学生にとても優しい」と流暢な日本語で答えてくれました。

茶道部からの出店は、本格的なお茶屋。岩澤先生は「茶道を通して、目配り、気配りの術を磨いてほしい。人を大切にすること、モノを大切にすること。茶道と歯科医療には共通点があるんです」と。

出店は学生からだけではありません。地域活動市民団体の皆さんによる、お菓子や、飲み物、おもちゃなどのブースも並びます。出店の前は、学内、学外の垣根を越えて、たくさんの笑顔が交わされていました。


出店では、市民の皆さんも、学生も、教員の皆さんも、垣根を越えた交流が生まれました。
稲岡祭は多様なコミュニケーションが
生まれる広場でした。

稲岡祭終盤の目玉プログラムは、歯学部、短期大学部対抗の「カラオケ大会」。今年ならではの“新たな試み”のひとつです。審査員席には、菅谷彰副学長、歯科衛生学科長角田晃先生、そしてゲストの声優、長久友紀さん、石橋桃さんのお二人。マイクを握る参加者には学生に加えて、教職員の方々も。ステージ下からのたくさんの声援を受けながら、大盛り上がりの時間に。対決形式ではありながら、歯学部、短期大学部の学生も教員も手を取り合って、一丸となって楽しむ時間となりました。

菅谷彰副学長曰く、「55年の歴史を経て、稲岡祭は今、学生にとって学業以外で、他学部の学生や地域の人と交流できる、とても大切な場になっているんです。歯科医療の技術だけじゃなく、大学教育として大切な人間形成にとっても、有意義な機会になっています」と。

第55回稲岡祭。そこは、学生/教員という立場も、学部学科、学内学外という枠も超えて、たくさんの笑顔が交わされるコミュニケーションの広場でした。


午後の悪天候への心配も吹き飛ばすように、大盛り上がりとなったカラオケバトル。

笑顔あり、学びあり、交流あり。来た人みんなに“新たなストーリー”が生まれた一日に。
PAGE TOP
  • 神奈川歯科大学関連施設
  • 神奈川歯科大学附属病院
  • 神奈川歯科大学附属横浜クリニック
  • 神奈川歯科大学図書館
  • 神奈川歯科大学資料館
  • 神奈川歯科大学神奈川剖検センター
  • 採用情報
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

学校法人神奈川歯科大学 〒238-8580 神奈川県横須賀市稲岡町82番地

Copyright © Kanagawa Dental University. All Rights Reserved.